オフィス原状回復相場単価と指定業者に関して

オフィスに携わる工事を行っていると必ず聞かれることがあります。

それはこのオフィス原状回復工事はいくらぐらいとられますでしょうか?という相談です。

 

まず、オフィス原状回復の市場相場はどれくらいなのでしょうか。

1. オフィス原状回復の相場

原状回復費の相場に関しては、Webなどで検索してみるとさまざまな情報が掲載されています。

坪単価にすると、原状回復費の相場は、

  • 小・中規模オフィスの相場は坪単価1.5万円~5万円
  • 大規模オフィスの相場は坪単価5万円~10万円

といったあたりが目安になってきます。原状回復予算目安としては坪いくらというのを指標としてください。

オフィスの規模や立地、オフィスの造り込み・デザイン、ビルのグレードなど、相場を決める要素は本当にさまざまです。

原状回復は現地を確認しないと値段を断言できないのが現実です。

2. 原状回復は指定業者が絶対ですか?

オフィスの契約時に退去する際の原状回復工事については、「ビルオーナー・管理会社の指定工事業者に依頼しなければならない」という、賃借人に制約のある内容が記載されている場合がほとんどです。

この文言は契約書の「特約」部分などに記載されているケースも多いので、契約の際は注意が必要です。また契約前に確認しておくことも必要になってきます。

原状回復工事は指定業者の独占状態になってしまうため、競争が発生せず、相場よりも高額な見積もりがまかり通ってしまうことが多いです。

以上のような理由で原状回復の見積もりは高額になりがちなのですが、たとえ理由がわかったとしても、知識のない素人がこのあたりを見破るのはなかなか難しいものです。そこはプロの力を借りたいところです。

では、業者指定になっていたら諦めるしかないのかというと、そうでもありません。

必ず、管理会社から出てきた見積を他社に相見積という形で相談してください。

そしてそこから出てきた見積を持って管理会社に相談しましょう。もしくは、相見積を作ってくれた会社にも同席して頂き、減額交渉を任せましょう。

それを行うことにより、指定業者の変更ができなかったとしても、金額は下がるでしょう。

いや!!! 下がります!! 下げます!!

原状回復で相見積を依頼する場合はかならず下記ができる業者に依頼しましょう!

a. 自社で原状回復の見積書が作れる

b. 原状回復の減額コンサルまで行ってくれる

c. 原状回復の工事も行える

上記3個を必ず行える会社を選定しましょう。

最近は原状回復コンサルという会社が増えましたが、彼らは減額交渉をして下がった金額の数パーセントを取るビジネスモデルです。

 

上記をよく理解してから業者さんへの依頼を行いましょう!

原状回復の依頼を急ぎたい方はこちらへ→ 「24H相見積チーター便」

 

  • 働く環境をデザインし、社員全員が生き生き働けるオフィスをデザ インします。店舗や住居もお任せください。

  • オフィス移転物件の最終確認にレイアウトプランニングを無料で対 応しております。

  • 物件の原状回復をオフィスデザインのプロがより綺麗でより安く対 応。オーナー、テナントの両方に嬉しいサービス。

  • 原状回復の費用が気になる方は、他社見積をもってご相談ください。 24時間以内に弊社の格安プランをご提案。

RECOMMEND

あなたにおすすめ

PICK UP

ピックアップ